マンションのリフォーム・リノベーション、新築戸建はハンズデザイン一級建築士事務所|千葉県 船橋市 東京

hands blog

船橋Oさんの家ブログ見学会

昨年末(2016年)完成したOさんの家をご紹介します。
恒例のブログ見学会です!

今までの経緯はこちらをご覧ください。
http://www.hands-a-design.jp/blog/3821.html
http://www.hands-a-design.jp/event/3871.html

間取りのおさらいです。
exisiting-Plankengakukai-3-848x559-2

genkan2

玄関正面はガラスの袖壁とタモのガラス引戸。
透明なガラスは遮るものがなく、光も空間も取り込んでその先まで広がっていきます。

左の強化和紙でつくられた太鼓張り引戸は隣のWICへと続きます。
太鼓張りという張り方は、障子の桟(さん)を両側から包んでしまう方法。
桟に埃がたまる心配がいらず、モダンな印象になります。

玄関素材

WIC側から差し込む光が和紙の美しさを際立たせます。
土間タイルは、細長いタイルでアクセントを入れたデザイン張りで、名古屋モザイクさんのタイルを採用。

鍵とペン置き場このセットがあれば宅配便の方を待たせなくて大丈夫。
ウォールナットの耳付き無垢板のベンチ。
ベンチときどき使うだけにはもったいない。

本棚と押入れがあるシンプルな主寝室。
DSC_0555この障子の先には他人が通る外部廊下です。廊下の幅くらいのスペースですが、窓からの冷気・人の気配を緩和してくれます。
光がほのかにあたるととても美しいです。
夜は障子の先の照明をつけて、光る壁として考えるのも雰囲気が変わっていいですね。

DSC_0556

目立たないようにこっそりとフロアコンセント。

フローリングを使った床コンセント

キッチンの方へ進みます。
奥に見える窓は浴室の明かりとり。ユニッットバスでも室内側に窓が付けられるんです。

浴室の窓

オーダーメイドのキッチンと食器棚。

キッチン

キッチンの素材は、日本産のくるみ。部分的に耐水性に優れた白のメラミン材を使用。

くるみ突板

くるみは木目が優しく、少しブラウン寄りな色合いが、個人的にはとても好きな樹種です。

OさんはIHクッキングヒーターをご希望されました。
日本製の中でデザインが一番シンプルでブラックフェイスがかっこいい!三菱電機製品。
ガラストップの上は操作ボタンによる凹凸もなく、フラットなところが作業台としても使えるので、
キッチンを広く使えます。

IHクッキングヒーター

お馴染みスウェーデン生まれのasko食洗機。対面を食器棚引出しにして、片付ける作業をゼロ動線に。
食洗機はお料理をするときの大切な相棒です。

食洗機

ゴミを減らしたい方・生ゴミの臭いにお困りの方!
シンクで処理した野菜のゴミや食べ残しなどをそのまま排水口に捨てられる『シンクピア』という商品がオススメ。

見た目は普通の排水口ですが。

シンク排水目皿

排水目皿を取ると、こんな感じ。

排水目皿を取る

排水口の真下にこのくらいの大きさの処理機があり、排水に繋がっています。
DSC_0764

この中に住むのは『バイオ』くん。
生ゴミを食べて、『水』と『炭酸ガス』に分解してくれる優れものです。
最初はちょっと信じられなかったのですが、
もともと業務用で使われていたものを家庭用に改良したもの。
以前採用したTさんいわく、『生きものを飼っている感覚がちょっとあります、生ゴミを与えないと死んでしますので』
使用感は好評です。

ディスポーザーはマンション全体の設備になりますが、
シンクピアは1つの住戸で単独につけられるため新規導入がしやすいところがいいです。
ご興味のある方は下記URLへどうぞ。
http://sinkpia-j.co.jp

キッチンの腰壁ディテール。
すっきりとした印象にするために、実はこういうところが一番気を使うんです。
キッチンディテール

キッチン

食器棚は、打合せを重ねるうちにショーケースのような見せる収納になりました。
どこにしまったか一目瞭然。

食器棚

食器棚ガラス取手
ガラスの棚

根菜類をかごに入れて、この上に置きます。

根菜置き場

3つの掃き出し窓があるリビングは明るく、この家で一番気持ちがいい場所です。
間接照明のある壁だけ、土色のシラス壁でアクセントを。

DSC_0572

床材はシベリアンウォールナット。シベリア産のくるみです。

くるみのフローリング
リビングから主寝室まで、全てが見渡せる気持ち良さ。

DSC_0579

DSC_0728
上がオープンで新聞とゴミ箱を入れる扉の中には古新聞入れとゴミ箱が入る予定。
上がオープンなので扉を開けなくても、古新聞とゴミが捨てられます。
ものを床置きにしないで、すっきりシンプルに暮らしたいOさんならではのオーダー家具です。
アイアン取手と木くるみの家具には黒い取手がよく似合います。

テレビの間接照明

広い部屋の中で、いろんな場所にダイニングテーブルを持っていけるように。
脚に車輪付きのダイニングテーブルをオーダーメイドしました。

コロコロ動くダイニングテーブル

片手で軽がるスイスイ動きます。スットパー付きなので、停止使用も可能。

コロコロストッパー付き

Oさんからの大切な要望。
すっきりと掃除が楽な家にしたい。

浮いているトイレ

トイレも床置きだと長い年月の中で埃がたまっていくので、宙に浮いたものを選びました。

トイレ手洗い トイレ自動水栓

トイレの手洗い水栓は手をかざすだけの自動水栓で周りが汚れにくい。
これもOさんの強い希望。徹底的にこだわりました。

普通の巾木

フローリングと壁の間にある『巾木』と言われる部分。
出っ張ると埃だまりになるので、できる限り下の写真にある『入り巾木』(出っ張らない巾木)を使いました。
入巾木

部屋の雰囲気を変えたい時、植物を置くだけで気分も変わります。
大きめのフラワーベースは、枝物をドサッと入れるだけで、一気にオシャレ感が増すアイテムです。
この植物は『アケビ』です。

アケビ フラワーベース

先日、お引渡しして5か月目にご訪問させていただく機会がありました。
驚いたことに、まだアケビがピンピンしていました。
植物もOさんの家が気持ちいいのかもしれませんね。

少し落ち着いた頃に、是非また撮影に伺わせてください!

気がつけばみんな元気

こんにちは。
久しぶりの近況報告ブログです。

最近気がつくと、私たちの家のいろんな植物から若葉が生まれて、成長がとても楽しい毎日です。

初めてのお花が咲きます ピチピチの若葉

一度は死にかけていた『トネリコ』さんも、完全復活を果たしました。バンザーイ!!
若者たちがニョキニョキと

先日、神奈川県にあるSOLSO FARMへ行ってきました。
Solso Farm
地植えするような大きな植物から、室内で楽しむ観葉植物まで、
たくさんの種類の植物が実際に見て購入出来るとっても楽しいところです。
室内に大きな観葉植物などを置きたい方は、是非一度訪れてみてください!
なかなかの品揃えです。
私たちの家もバルコニー用にいくつか購入し、バルコニー改造計画を図っています。乞うご期待!

GWの話になりますが、岐阜に用事があったついでに、ちょっと足を伸ばし多治見市にある『ギャリルももぐさ』を訪れました。
陶芸家 安藤雅信さんのギャラリー兼ご自宅。
どんな場所かとっても興味があって前から行ってみたかったのですが、念願叶ってやっと行ってきました!
ギャリル百草広大な敷地の中で緑に包まれた中に、ギャラリーとご自宅の建物があります。

走るTご自宅は、建築家中村好文さんの設計で、中を見ることはできませんが、
美しい佇まいの外観がとても印象的でした。

IMG_6227

イベント開催中は併設のカフェで、安藤さんの器に盛られたランチが頂けるようです。
こちらは遠いいですが、機会があったら訪れてみてください。
http://www.momogusa.jp

イベントといば、千葉県佐倉市で6/3・4に恒例の『庭の輪』というアート&クラフトフェアが開かれます。
陶芸作家さん、ガラス作家さん、革の作家さんなどなど多数の作家さんが出店し、販売をしています。
ワークショップなんかもあるようなので、ご家族で行ってもた楽しめると思いますよ。
私たちも毎年楽しみにしているイベントです!
興味のある方は下記サイトをcheckしてみてくださいね。
http://niwanowa.info

近況はインスタグラムにも投稿しています!
よかったら見てみてください。
https://www.instagram.com/hands.a.design/

では、また。

北綾瀬Fさんの家ブログ見学会

こんにちは。

先日完成見学会を行った北綾瀬Fさんの家の恒例ブログ見学会です!

ここで少しプランのおさらいを。
Fさんの家はもともと3LDK80平米の間取りでご家族4人暮らし。
子供達は高校生と小学校高学年となり、一人部屋が必要な年頃です。
旧3LDK→新3LDKへつくりかえるリノベーション計画です。

Before
旧3LDK

After
新3LDKプラン

同じ3LDKと部屋数は変わりませんが、開放的なキッチンで家事動線を使いやすくし、
広すぎた個室を全体のバランスの中でコンパクトに、玄関を4人家族用に広げ、
家族の収納がたっぷり入るクローゼットルームをあらたにつくりました。

玄関から入った風景。

genkan1

見学会で『なぜ勾配天井にしたのですか?』という質問をたくさんの方から受けました。
最初の計画では、実はルーバー天井の玄関になる予定だったのです。

現場がはじまり、もともとルーバー天井を希望していたキッチンで懸念していた障害がなくなり、
採用できることがわかったので、さて、玄関はどうしよう?ということになりました。

現場に立って感じたのは北側の明かりをどうにか玄関に取り入れられないかということです。
広々とした玄関でただただ天井が高いというのも少し味気ない空間になりそうでした。
高い天井からは光が入り、ガラス引戸上部にある大きな梁に向かって天井を低くする勾配天井がいいのではないか。
現場で自由に発想を広げることができたことで、新しいアイディアが生まれました。

想像していた以上に勾配天井の高窓から光が漏れ、とても気持ちの良い玄関空間になりました。
仕上げはツガという材料の羽目板で、濃淡の少ないシンプルな樹種です。
ちょっとラフな楢材(なら)のフローリングとの相性がとてもいい感じです。

genkan2

玄関は家の顔でもありますが、コートや帽子など雑多になりやすい場所でもあります。
有孔ボードでフックがつけられる壁をつくり、その横にはたっぷりした奥行きのある収納があるので大きなもの、例えば生協の箱などが入れられます。

玄関収納

すっきりとした印象のタイルは名古屋モザイクさんの600角タイルです。

反対側には靴収納と子供室への入り口があります。

genkan3

Fさんの家はもともと壁に沿ってあったユニットバスの向きを変え、壁から離すことで家事動線を生み出しています。
図面だけ見るとユニットバスが部屋の中心にあるレイアウトはちょっと不思議な感じがします。

玄関からリビング側へ進む。

玄関からリビングへ

グレーのアクセントの壁が、ユニットバスを囲っている壁です。
カラーワークスさんの塗料でソフトスウェード仕上げです。
1回目はローラーで塗り、2回目に刷毛で荒らしながら塗ることで、刷毛の模様ができ少し立体感が生まれます。
とてもマットな風合いに仕上がり木の空間にとてもよく合うので、最近よく提案します。

キッチンからユニットバスを眺める。

kitchen2

開閉式の小窓は、採光と通風用です。

キッチンから洗面への動線

キッチンと洗面所がつながり、裏動線ができることで、見えない収納場所がたくさんできました。
食品のストックを置く場所、ダイソンのスティック式掃除機や洗面近くはタオル・下着類を収納する場所。
よく使うものを収納する場所は開けっ放しにできるというメリットは大きいです。

リビングの隣にある主寝室は、寝るだけのスペースと割り切りダブルベッドが置ける最小限のスペースです。

リビングから つながる

使っていない時は、もったいないので小窓を開け広がりを感じられるように。
壁が天井までいっていないのも同じ考えで視覚的な広がりをもたせることと、
夏はリビングの空調で主寝室までまかないます。

rouka

トイレは扉で閉めてしまうと、他の空間とインテリアの印象をガラっと変えたり遊びを入れられる場所です。
Fさんはシックなグレーの壁紙に、鮮やかな赤いモザイクタイルを選びました。
カウンターはウォールナットの耳付き無垢材。便器もグレーを選んでかっこいいトイレ空間になりました。

トイレ

リビングからダイニングキッチンを見る。

キッチンを見る

Fさんの家の天井ルーバーは米ツガという樹種です。
タモよりも少しオレンジっぽい優しい色合いになります。樹種はまわりの雰囲気によって使い分けます。

ダイニングテーブルはikeaの脚にシナ共芯合板を乗せて固定しているだけ。
本来は置くだけの商品ですが、子供がいる場合は危ないので、脚と天板を固定することをオススメします。

オープンキッチンは機能的であると同時にいろんな角度から見て美しいことが求められます。
大谷石をアクセントに、タモの突板に5mmくらいの目地を十字にとったシンプルなデザインとしました。

キッチンデザイン

グレーのデザインタイルなど、周りに主張する要素がある場合には、
デザインの引き算でキッチンはシンプルなほうがいい場合もあります。

DSC_1135-1-1

オープンキッチンには食洗機が必須です。
いつものASKO食洗機が大きな扉におさまっています。
共働きが多い今の時代、食洗機は洗濯機と同じような感覚で家庭の中に導入してもらいたいと思います。

これもお馴染みの洗剤ポケット。

洗剤ポケット

キッチンでいつも苦労するのが、ゴミ箱問題。
生ゴミ、ビン・カン・ペットボトルなど結構場所を取るんです。
使いやすく、見た目美しくどこに置くか。
今回は目立つ場所にあったのでこんな提案になりました。

Fさんの家ゴミ箱

既製品のフレーム(分別ダストワゴンtower)にまわりの家具と同じタモの扉を家具屋さんにつくってもらいました。
スーパーのビニール袋が3つ引っ掛けることができ、下には車輪が付い動きます。

ビン・カン・ペットボトルのゴミ箱

上の写真が、ビン・カン・ペットボトル用。
下は45Lのゴミ袋が使用できる大きさです。

その他のゴミ箱ゴミ箱の上がオープンになっているので、捨てる時はワゴンを動かす必要がなく、ごみを処理するときに前に引き出して使います。

炊飯器を使うときだけ引出して使うトレーです。

DSC_1020

Fさんの洗面スペースはヘリンボーンの少しブルーが入ったタイルがアクセント。平田タイルさんの輸入タイルです。

洗面スペース

最後に子供室と家族のクローゼットへ行ってみましょう。

玄関から入った真正面のドアを開けたところ。

家族クローゼット

家族全員が使うクローゼットです。
各個室には制服やコートなど日常的に使うものが少し置ける程度で、メインの収納は一箇所で考え、
そうすることで洗濯物を各部屋に配る負担を減らしてくれます。

子供室への扉はホタテ塗装の壁に馴染むように、白をベースに木のアクセント取手にしました。
隣の下駄箱が全てタモ材で引き戸も同じ素材にすると木の面積が多すぎるので、白い素材でバランスを調整します。

door hikite

高校生になるお姉ちゃんの部屋。
子供部屋の床材はパイン材でコスト調整、明るい子供部屋になりました。

child room1

小学生の男の子の部屋。
ぞうさんを数えていたら眠れなくなりそうですね(笑)

child room2

Fさんの家は、どこにいてもいろんな方向に視線が抜ける場所があります。
欄間ガラスから見える天井に板張りもちょっとした安らぎを感じさせてくれます。

お引き渡しして1ヶ月ほど経った頃に、Fさん宅を訪れる機会がありました。
快適なのでお休みの日もあまり外出をしなくなったとおっしゃっていました。
自分たちのために自由につくった住まいで過ごす時間は、どこに行っても手に入れることのできない、
心地よく贅沢な時間の過ごし方だと私も日々実感しています。

少し落ち着いたら、また撮影に伺わせてくださいね!

船橋のSさんの家ブログ見学会

こんにちは!

昨年の秋に行ったSさんの家の見学会のブログ版です。すっかり遅くなってしまいました。

船橋市の築18年69㎡のマンション、4人家族の住まいです。便利な立地にたつコンパクトなマンションです。

コンパクトな中に子供2人のプライベートなスペースと主寝室を確保しつつ、できるだけ明るく伸びやかな住まいにすることが課題でした。プライベートなスペースが多いと自然に閉鎖的で暗い方向になってしまうからです。

そこで、できるだけ連続するように、また透明感のあるようにすることを心がけました。

genkan1

玄関ドアを開けると正面の大きな乳白色の窓から明るい光が迎えてくれます。この窓の向かう側は主寝室で、その先にある窓からの外光を玄関まで届けています。

genkan2

玄関の柔らかい光の雰囲気です。この窓がなく、壁だったとしたら全く異なる雰囲気だったでしょう。室内から室内への窓でも、光や風、気配を届ける効果は十分にあります。また、窓の大きさ、ガラスの種類、開閉の方法などによって効果を調整することができます。

genkan3

玄関の上がり框。実は私たちがいつも慎重になる場所です。あまり境界線を感じさせないような、さりげなく出入りできる感じが理想的だと思っています。

hikido1

リビングへの引き戸。冬や夏の一番厳しい時期に空調範囲を狭めるためのドアですが、閉めているときには少しアクセントになるようなデザインにしています。

hikido2

普段は必要がないので壁の中へ。

kitchen1

日差しがたっぷりと差し込むダイニング・キッチン。アイランドキッチンの隣にダイニングテーブルを置く予定です。2列型のキッチンは配置的にコンパクトでありながら、動きがとても自由です。キッチンの左手奥は家族のクローゼットスペースと洗面室など、家事の動線が続き、玄関へとループしてつながっています。濃紺の壁の中はユニットバス。その周りを一周できるプランです。

kitchen2

ルーバーや名栗、タイルなど様々な素材の陰影と艶がとてもいい味を醸し出しています。キッチンのカウンターに使っている4mm無垢のステンレスがさりげなくいい仕事をしています。

kitchen3

キッチンなど水まわりの床はフロアタイルと言って、厚さ3mmの塩ビのタイルです。土足OKな丈夫さと、適度な弾力性があります。手間がかかりますが目地棒を入れことでぐっと表情が良くしています。クッションフロアとは違いますよ。

kitchen4

ナチュラルな雰囲気ですが、性能はハイスペックです。忙しい現代人に必須の食器洗い機はASKO製です。

kitchen5

キッチンの収納です。片引き戸になってます。上部の白いルーバー内部にエアコンを設置します。

mado

子供スペースの壁に少しアクセントの遊びを入れてみました。向こう側にはロフトベッドがあって、リビングを上から覗けるようになっています。

左上のライティングレールには写真のようなフックの部品もあり、植物をハンギングしたりと楽しく使えます。ちなみに、植物を吊っている長い針金のことを「駄鉢掛け」と言います。名前がわからなくて探すのに苦労した経験があります。

yuka

フローリングの一部が外れて、下からコンセントとLAN配線が出てきます。フローリングはチークの無垢です。

tenjoura

主寝室の片隅には机が置かれてちょっとしたワークスペースになる予定です。そう、ここが玄関正面の裏側です。右の引き戸上部と天井の間は、天井裏の収納スペースになっています。年に一度だけ使う大きなものってありますよね。

船橋のSさんの家のブログ見学会は以上です。いかがでしたか?

見学会にご参加いただいた方々は大きなことから細かなことまで、こんなこともできるんだ、こんなやり方もありなのか、と様々なヒントを見つけてくださっていたようです。

本当の空間も体験しにぜひお越しくださいませ。

ではまた。

床のこと-第3回

こんにちは。今回は水まわりの床についてお話しします。

床のこと-第1回:床の作り方  http://www.hands-a-design.jp/blog/4007.html
床のこと-第2回:フローリング http://www.hands-a-design.jp/blog/4019.html

水や液体による汚れに強い、という理由で私たちが使っているのは、フロアタイルとタイルです。どちらも染み込まないので簡単に拭き取ることができます。フロアタイルもタイルも耐薬性が強いのでお掃除は簡単です。

フロアタイルというのは3mm程度の厚さの塩化ビニルのタイル状の素材です。しなやかに曲がる素材ですが、弾力性はなくとても丈夫です。土足でも大丈夫ですので、店舗や事務所などの床に使われています。似ているものにクッションフロア(CF)というものがありますが、全く違うものです。クッションフロアは弾力性があり手で破れるぐらいとても柔らかいです。フニャフニャした感じがあまり好きではないのでハンズデザインでは使っていません。
フロアタイルいろいろ
これがフロアタイルです。実はもっとたくさん種類がありますが、基本的に塩ビに着色やプリントしている建材ですので、できるだけニュートラルな表情のものだけを選抜しています。
ハンズデザインがおすすめしている貼り方は目地棒を入れて施工します。質感が引き立ちます。
目地入りフロアタイル

フロアタイル施工例

タイルには様々な種類がありますので、水まわりの床では、吸水率の低いタイルを選びます。また、目地は掃除がしにくいので大きめのタイルを選ぶことが多いです。
タイル素材
タイルはとにかく硬くて丈夫です。でもあまりにも硬いので、タイルの上に落としたものは、壊れる可能性が高いです。
お皿はもちろん割れますし、金属製のものも凹んだり折れたりします。
それから、とても冷たいです。暖かい季節はいいのですが、冬は素足では歩けません。何かを履くか床暖房を入れる必要があります。『私たちの家』でも電気式の床暖房を入れており、真冬の時期は助かっています。
それでもやはり、タイルには本物の質感があります。選択肢も多いのでデメリットを理解していただければ、是非おすすめしたい素材です。

キッチンタイル-2 キッチンタイル-1

水まわりの床がフローリングと接する場所が必ずあります。無垢の木と並ぶので下手な素材を選んでしまうと、とてもおかしなことになってしまいます。ハンズデザインでは、キッチンが中心になることが多いので特に気をつけてご提案しています。
キッチンが中心

最後に番外編として、土間の床についてお話しします。

土間の床も水まわりと同様、様々な汚れが持ち込まれる場所です。ハンズデザインでは今のところ、タイルと石をご提案しています。ハンズデザインの事務所でモルタル床にコンクリート用ステイン塗料を塗った雰囲気もなかなか良かったので、ご提案してみたいなと思っています。土間ですので、清潔感というより泥汚れに負けない強さと風合いを重視することが多いです。
私たちの家の土間
上の写真『私たちの家』
Sさんの家土間
上の写真『Sさんの家』