マンションのリフォーム・リノベーション、新築戸建はハンズデザイン一級建築士事務所|千葉県 船橋市 東京

hands blog

CASICAに行ってきました。

こんにちは。
暖かくなると外に出る機会も増えますね。

先日、私たちは古い工場をリノベーションしてつくられた新木場にある『CASICA(かしか)』へ行ってきました。

IMG_8503

鉄の扉もそのまま再利用したのでしょうか。
いい雰囲気を醸し出していました。

IMG_8506

店内はCAFE・インテリアショップ・ギャラリーなどが複合されています。
IMG_8494

IMG_8493-2

IMG_8492
古道具、かご、タンスなど時代や国を超えて集められたものたち。
存在感がありました。

素敵なお宅を訪れると、どこで手に入れたんだろうと思うものに多く出会います。
このお店もそんなものたちが集まる場所だなと感じました。

ランチと目の保養に、訪れてみたください!

※お店の情報
https://casica.tokyo

KINTOのグラス

KINTO

以前鎌倉を散策していたとき、どこかのレストランで水を出してくれた時に気に入って覚えていたKINTOのグラスを、最近になって手に入れました。

直線的で、正確な形状、スタッキングできる合理性は工業的なデザインの特徴です。それでありながら口があたる淵の部分が優しく広がっていて、そのさりげない曲がり具合に思いやりを感じます。

合理的でドライな思考とさりげない人間味が魅力的なんだなぁ。作家さんの一点ものもいいけど、こういう感じも好きです。

素敵なフラワーショップ発見@船橋散歩

暖かさを感じる日が少しずつ増えてきました。
今年の冬は寒かったので、春が待ち遠しいです。

今日は久しぶりのご近所お散歩ネタです。
よく車で通りかかる道に気になる店構えのお花屋さんがあって、先日ようやく寄ることができました。

入ると素敵なセンスのお花で店内はあふれていて、とても幸せな気持ちにさせてくれるお店です。

flowershop

 

近くにこういうセンスのいいお店ができてとても嬉しいです!

お店の名前は『heureux fluet&plants』(ウルー)。フランス語でハッピーとか幸福という意味です。
女性の店主の方も、とても話しやすくて気さくな方なのでいろいろ相談できそうなところもいいですよ。

生花を家に飾ると気持ちも華やいで、幸せな気持ちになります。
これからの季節はたくさんお花も出てくるので、また伺うのが楽しみです。

最寄り駅はちょっと遠いいですがJRまたは京成『西船橋駅』。以前紹介した『アルカフェ』も近くにあります。
駐車場がしっかりあるので車か自転車で暖かい日にお出かけするのがいいかもしれません!

 

※お店の情報
『heureux fluet&plants』
千葉県船橋市印内3-23-18
TEL 047-401-7930

Nさんの家 BLOG見学会

こんにちは。今回は、先日、見学会を開催させていただいたNさんの家のマンションリノベーションをご紹介します。

ランプ

Nさんご夫婦は、熟慮の上で決断したことをどんどん実行していく、そんな印象のお二人です。器とお料理が好きなお二人はどこか遊び心があって前向きに生活を楽しんでいる雰囲気があります。ご相談の中でも私たちが思いもよらないような発想でお話しいただいたことが度々あってとても楽しかったです。

まず、元の間取りです。
築40年、68㎡、3LDKのマンションです。階段室型で南北にバルコニーがあり掃き出しの大きな窓があります。
部屋が細かく分かれていて廊下を介さないと別のスペースに行けず廊下だけ高くなっているため段差があり、生活動線の中に難ありでした。風通しも悪く、断熱もされていなかったので玄関と廊下はとても寒かっただろうと思います。

BEFORE

次に新しい間取りです。
玄関をリビング、ダイニング、キッチンなどのオープンなスペースと一体にして空間のボリュームを拡張しています。南側から北側までを視線、風通し、動線をストレートに通し、住まい全体の連続性を作っています。

New plan玄関を入ると明るく開放的で広々としたスペースが広がります。

玄関から
リビング・ダイニングの天井はアニグレ(シルバーハート)の突き板ベニヤです。
キッチンとダイニングの左官で仕上げた大きな壁を水平に繋げる棚をデザインしました。
左官材はシリカライムです。色とムラ感が良く最近よくご提案しています。
スチールの棚受は今回のためにデザインしました。

棚2 棚4

ガラスセードを名栗加工をした板の上に置いただけのランプ。実は元々の玄関の照明器具のセードだったもので、レトロな雰囲気がありNさんから記念に何かできませんかとのご依頼で作ってみたものです。

左官2-1

キッチンはアイランドの2列型です。定番の名栗加工+大谷石の組み合わせ。
ガラスの食器棚も製作しました。揺れるガラス面がいい雰囲気です。
こう見えてASKOの食洗機、バイオ生ごみ処理機も組み込んだ性能もハイスペックなキッチンです。

キッチン-1 キッチン2

濃いブルーグレーの壁の向こうにトイレと脱衣室があり上部はガラスになっていて天井がつながっています。
玄関ドア横の壁が切り取られたような場所はニッチの小物置き場。

全体-2

北側への通り抜け。こんな風に明るい風景が奥になると透明感があって気持ちがいいです。
抜けた先は書斎で、キッチンから見たときの距離感が面白いなと思っています。
水まわりの配管のためここだけ段差が残りました。

北側への通り

がらっと雰囲気が変わってここがトイレと脱衣室を兼ねたスペースです。
洗濯機と洗面は別の場所にあります。
このタイルパターンの検討は苦戦しましたが、やった甲斐がありました。
キッチンを含め水まわりの床は全てフロアタイル+目地棒です。

トイレ4

洗面スペースは開放的で気持ちがいい動線の中にあります。
この通り抜けスペースを移動するのはとても気分が良くて視界が広がっていく楽しさがあります。
洗面台の隣のプリーツスクリーンの裏側に洗濯機置場が隠れています。

洗面からの通り-1

南側に戻ると明るい視界が開きます。

南面全体

テレビを置く予定の壁はまわりの壁に馴染む色を選んだシリカライムの左官仕上げです。少しテクスチャーをつけて間接照明による陰影でアクセントにしています。まわりの白い壁はホタテ塗装です。

南側全体2 左官

床はシベリアンウォールナットの無垢フローリングです。土間は上海ブルーという青みがかった黒いレンガをヘリンボーンで施工しました。

床の素材 土間2

5本の包丁を使うNさんのために包丁スタンドを作ってみたら、とても良くできたので私たちの分も作ろうと思ってます。
もし探している方がいらしゃったらご相談くださいね。

包丁スタンド

すごく美味しい料理が出てきそうな雰囲気なので、いつかお呼ばれしたいなぁなんて。

Nさんの家

 

Dさんの家 BLOG見学会

こんにちは。今回は今年の夏に完成したDさんの家のマンションリノベーションをご紹介したいと思います。

Dさんの家

Dさんは海に山にと活動的なスポーツマンの男性です。ホームページで私たちを発見してお問い合わせくださいました。
ご相談の時に持参してくださったのが、Dさんが滞在したとある有名なホテルのお部屋の写真でした。
その写真を参考に動線や収納、使い勝手のご要望をお話しくださったことを印象的に覚えています。

まず、元の間取りです。
築27年、3LDK、62㎡のマンションです。角部屋で窓がたくさんあります。ダイニングキッチンが小さい部屋に囲まれているような感じですが、それぞれのスペースに連続性がなく窮屈な印象です。

BEFORE

次に、新しい間取りです。
玄関とトイレと浴室以外にはドアも壁もないワンルームで、パイプスペース(PS)と一体にした大くてオープンな収納棚を中心にぐるっと一回りすると様々なスペースが連続しています。

New Plan

玄関ドアを開けて入るとガラス引戸を通して南側の明るいバルコニーまで気持ちよく視線が広がります。

玄関から

アイランド型のコンパクトキッチンとダイニングスペースは、旅の支度をする作業スペースも兼ねています。
今回はサンワカンパニーのステンレス製のキッチンを使っています。ダイニングテーブルはオープン棚に合わせてデザインしました。

ダイニングキッチン-1 ダイニングキッチン-2 ダイニングキッチン-3

約26畳のワンルームの広がりです。できるだけ視線を遮らないようにしつつ、スペースの性質ごとにまとまりができるように考えています。

全体

ソファに合わせて机をデザインしてリビングの中央に置きました。引き出しのハンドルも特注しています。タスクライトはヤマギワ製。

ソファとデスク ソファとデスク-2 ソファとデスク-3

オープン棚は可動で高さや段数をアレンジできるようにし、できるだけシンプルにデザインして透明感を出しています。

オープン棚 オープン棚-2

ワンルームでもベッドスペースは少し囲まれた雰囲気になっています。

ベッドースペース

浴室は広くなり窓もできました。明るい窓のあるサニタリーはとても快適です。奥行きの深いミラーボックスは埋め込むとスッキリします。

サニタリー

落ち着いた雰囲気のトイレ。間接照明のある場所には実は梁があって、とても目立ったので現場で写真のように変更させていただきました。

トイレ

玄関の壁にはコートや外から持ち込んだものを掛ける場所と傘と小物置き場があります。汚れが目立たないようにレッドシダーの羽目板で仕上げています。奥に見えるのはソフトスエードというアクセントペイントで仕上げた壁です。

玄関 玄関-2

床はアメリカンウラックチェリーの無垢フローリング、壁はホタテ塗装。リビング全体にヒートポンプ式の床暖房も入っています。

床と壁

間接照明の壁をシリカライムという左官仕上げ材でさりげなくパターンをつけてアクセントにしています。

シリカライムの壁

ゆっくりと疲れをとって「さあ次の旅はどこへ行こう」そんな想像が湧く場所になったらいいなと思っています。

次の旅へ