マンションのリフォーム・リノベーション、新築戸建はハンズデザイン一級建築士事務所|千葉県 船橋市 東京

Dさんの家(千葉県 習志野市)

Dさんの家

賃貸にしていたマンションを活動的な暮らしの第2の基地となる住まいにするのが今回の計画です。最初のご相談の時に、Dさんが滞在した有名なホテルでの経験を参考に動線や収納、使い勝手のご要望をお話しくださったことを印象的に覚えています。

マンションは62m2、築27年、元々は3LDKの間取りで、壁が多く窮屈で暗い印象でした。風通しの良い伸びやかなワンルームにする方向でスタートしました。

大きなコンセプトは、セカンドハウスのような位置付けの住まいにするということでした。収納も多くは必要ではなく、キッチンも最小限にすることが要望としてありました。少し長めに滞在するホテルのような雰囲気です。オープンで視界を遮らない収納棚を中心に、玄関→キッチン→リビング→寝室→サニタリー→玄関とぐるっと一周できるようになっています。

オープン棚は店舗用の什器と同じように様々なアレンジができて、さながらアウトドア用品のショップの棚のようです。できるだけシンプルにデザインして透明感を出しています。

ソファに合わせて製作したデスクです。デスクは視界が広い場所に置くと気分がいいですね。玄関にはサニタリーからも光が入り明るい雰囲気です。玄関の壁はレッドシダーの羽目板張りでスキー板を立てかけたり、汚れたジャケットを脱いでかけたり、ちょっとハードな使い方をしても大丈夫なようにしています。

Dさんは仕事で忙しく毎日を送りつつ、サーフィンから雪山まで自然を相手にする情熱的な趣味を持っていて、お会いするたびに私たちが体験することのないような冒険談を聞かせてくれます。この場所が安らげる場所になり、「さあ次はどこへ行こう」そう思えるようになればいいなと思っています。そして何より安全を祈りつつ、この基地が少しずつ旅や人生の記憶で彩られていくことを楽しみにしています。

所在地 千葉県習志野市
建物 マンション(1990年竣工)
計画 リノベーション
面積 61.8m2
設計期間 4ヶ月
工事期間 3ヶ月
世帯構成 1人