マンションのリフォーム・リノベーション、新築戸建はハンズデザイン一級建築士事務所|千葉県 船橋市 東京

hands blog

Nさんの家 BLOG見学会

こんにちは。今回は、先日、見学会を開催させていただいたNさんの家のマンションリノベーションをご紹介します。

ランプ

Nさんご夫婦は、熟慮の上で決断したことをどんどん実行していく、そんな印象のお二人です。器とお料理が好きなお二人はどこか遊び心があって前向きに生活を楽しんでいる雰囲気があります。ご相談の中でも私たちが思いもよらないような発想でお話しいただいたことが度々あってとても楽しかったです。

まず、元の間取りです。
築40年、68㎡、3LDKのマンションです。階段室型で南北にバルコニーがあり掃き出しの大きな窓があります。
部屋が細かく分かれていて廊下を介さないと別のスペースに行けず廊下だけ高くなっているため段差があり、生活動線の中に難ありでした。風通しも悪く、断熱もされていなかったので玄関と廊下はとても寒かっただろうと思います。

BEFORE

次に新しい間取りです。
玄関をリビング、ダイニング、キッチンなどのオープンなスペースと一体にして空間のボリュームを拡張しています。南側から北側までを視線、風通し、動線をストレートに通し、住まい全体の連続性を作っています。

New plan玄関を入ると明るく開放的で広々としたスペースが広がります。

玄関から
リビング・ダイニングの天井はアニグレ(シルバーハート)の突き板ベニヤです。
キッチンとダイニングの左官で仕上げた大きな壁を水平に繋げる棚をデザインしました。
左官材はシリカライムです。色とムラ感が良く最近よくご提案しています。
スチールの棚受は今回のためにデザインしました。

棚2 棚4

ガラスセードを名栗加工をした板の上に置いただけのランプ。実は元々の玄関の照明器具のセードだったもので、レトロな雰囲気がありNさんから記念に何かできませんかとのご依頼で作ってみたものです。

左官2-1

キッチンはアイランドの2列型です。定番の名栗加工+大谷石の組み合わせ。
ガラスの食器棚も製作しました。揺れるガラス面がいい雰囲気です。
こう見えてASKOの食洗機、バイオ生ごみ処理機も組み込んだ性能もハイスペックなキッチンです。

キッチン-1 キッチン2

濃いブルーグレーの壁の向こうにトイレと脱衣室があり上部はガラスになっていて天井がつながっています。
玄関ドア横の壁が切り取られたような場所はニッチの小物置き場。

全体-2

北側への通り抜け。こんな風に明るい風景が奥になると透明感があって気持ちがいいです。
抜けた先は書斎で、キッチンから見たときの距離感が面白いなと思っています。
水まわりの配管のためここだけ段差が残りました。

北側への通り

がらっと雰囲気が変わってここがトイレと脱衣室を兼ねたスペースです。
洗濯機と洗面は別の場所にあります。
このタイルパターンの検討は苦戦しましたが、やった甲斐がありました。
キッチンを含め水まわりの床は全てフロアタイル+目地棒です。

トイレ4

洗面スペースは開放的で気持ちがいい動線の中にあります。
この通り抜けスペースを移動するのはとても気分が良くて視界が広がっていく楽しさがあります。
洗面台の隣のプリーツスクリーンの裏側に洗濯機置場が隠れています。

洗面からの通り-1

南側に戻ると明るい視界が開きます。

南面全体

テレビを置く予定の壁はまわりの壁に馴染む色を選んだシリカライムの左官仕上げです。少しテクスチャーをつけて間接照明による陰影でアクセントにしています。まわりの白い壁はホタテ塗装です。

南側全体2 左官

床はシベリアンウォールナットの無垢フローリングです。土間は上海ブルーという青みがかった黒いレンガをヘリンボーンで施工しました。

床の素材 土間2

5本の包丁を使うNさんのために包丁スタンドを作ってみたら、とても良くできたので私たちの分も作ろうと思ってます。
もし探している方がいらしゃったらご相談くださいね。

包丁スタンド

すごく美味しい料理が出てきそうな雰囲気なので、いつかお呼ばれしたいなぁなんて。

Nさんの家

 

  • tel:047-406-7077
  • メールでのお問い合わせ