マンションのリフォーム・リノベーション、新築戸建はハンズデザイン一級建築士事務所|千葉県 船橋市 東京

私たちの家の照明

明かりのはなし

こんばんは。星名岳志です。

今日の話題は住まいの夜のお楽しみ、照明のことです。

色々な意見があるとは思いますが、私は部屋の天井の真ん中につける大きな照明器具があまり好きではありません。
シーリングライトと呼ばれていて1台で部屋を隅々まで明るくする照明器具です。私たちの家には1台もありません。

夜の光には照明器具やランプの種類、取付け方法などにより色々な表情があります。
様々な人工的な光を組み合わせてアレンジすることは暮らしの中の趣き深い楽しみだと思います。

先日、『集中したいときは部屋を真っ暗にして手元のデスクランプだけつけるようにしている』という方がいらしゃいました。目には良くなさそうですが、共感できるなぁと思いました。私も暗闇に包まれるあかりが好きです。
デスクランプと同じようにスポットライトにも同じような効果があります。

真っ暗な部屋でスポットライトをひとつだけつけると暗闇に包まれた小さな空間が生まれます。余計なものは闇に包まれ光の中には影がくっきりと浮かび、水の入ったグラスが美しく光ります。集中力も冴えてくる気がしますね。

私は、夕日が沈む頃の時間、少しずつ闇が濃くなるその時間の風景が好きです。まだ闇に包まれてはいなくて、空にもまだ明るさも残っているけれど、街や車の照明くっきりと際立っている、そんな風景を眺めていると精神がすっと休まる気持ちがします。その雰囲気が間接照明がもたらす効果に似ているのではないかなと思います。決して実用的ではないけれど、心に効いてくる明かりです。私たちの家ではスクリーンを使って光壁の間接照明にしています。

こんな感じでに気分に合わせて明かりを選ぶことも暮らしの中の楽しみの一つだと思います。

照明の計画は一般的に間取りや仕上げなどの検討が進んだ頃に始めるケースが多く、その頃には設計者もお客様も息切れしてしまって安易な計画に流れるケースが多いのかな?と思ったりします。

住まいのあかりのこと、もうひと頑張りして楽しく考えたいですね。

料理のためのあかり

こんばんは。星名岳志です。

料理や食事は毎日の最高の楽しみのひとつですね。

キッチンの天井にはどんな照明器具がついていますか?

私は料理をしながら食べて飲んで会話をしながら過ごすキッチンの時間が好きです。
光の種類にも人それぞれ好き嫌いがありますが、私は料理や食事、食べ物のための光は、明るくくっきりとした光が好きです。家中で一番明るくしています。

オープンキッチンの料理店に行くと、まるで舞台のようなライティングのなかで料理を作っていて、とても気分が良さそうに見えます。なにより、食材や料理が瑞々しくおいしそうに見えます。スポットライトの下では醤油の入ったボトルすらかっこ良く見えます。こんな空間ならもっと料理が楽しくおいしくなりますよね。

私は今のところキッチンの照明は狭角のランプが良いと考えています。そして作業面全体をしっかりと明るく照らします。狭角のランプは光が集まる範囲が狭いのでちょっと多すぎ…と思うぐらい多めに器具をつけることがポイントです。

強い照明の計画は、人によっては明るすぎてしまったり、天井の高さやキッチンカウンター面の材質などによっても感じ方が違うのでなかなか難しいものです。その場合には調光器をつけて光の強さを無段階に調整できるようにします。ただし、器具によってできるできないがあるのでご注意くださいね。

トイレのあかり

「私たちの家」のトイレには壁にアートをかざる場所があり、そこを壁につけたスポットライトで照らしています。

明かりとしてはこれだけで十分なので、天井には照明がありません。

トイレは小さな空間なのでランプひとつの効果で印象が大きく変わります。

毎日使うリフレッシュの場所、どんな明かりがお好みですか?

いろんなイメージが浮かんできて楽しいですよね。

星名岳志