マンションのリフォーム・リノベーション、新築戸建はハンズデザイン一級建築士事務所|千葉県 船橋市 東京

私たちの家ができるまで

現場レポート!天井の木製ルーバーがつきました。

こんにちは。星名貴子です。

天井の木製ルーバー工事がはじまりました。

自分たちでコンクリート直に塗った、真っ黒な天井の下に棒状の木を一本一本取り付ける工事です。

コンクリートのままでも天井が高くていいのですが、新たなチャレンジをしてみました。

なかなかいい感じに仕上がりました!

現場レポート!タイル工事はじまりましたぁ~

こんばんは。星名貴子です。

現場は日々着々と仕上げ工事が進んでいます。

シラス壁も終わり、お次はタイル工事がはじまりました。

これはキッチンのガスコンロまわりの輸入壁タイル。

玄関から入ってすぐ見えるので、一番こだわったものです。

葉っぱののような有機的な模様が個性的でいいですね!ゴージャス!!

キッチンの油が飛ぶ正面は、最近お手入れ重視のキッチンパネルといって、タイルのように目地がない商品もでています。

どちらがいいの?!というのは非常に難しい質問ですが、最近のタイル目地はいろいろ工夫をされて油汚れが付きにくく以前よりもかなり進化しています。

毎日使うガスコンロ周りは、味気ないキッチンパネルではなく、気に入ったタイルにしてみました。

実際使い勝手は、これから使いながらお伝えしていきたいと思います。

その他にも、タイル工事はお風呂・洗面…など

結構範囲が広いので2日くらいかかるかなぁ~

タイル工事が終わると、設備関係の器具をつけて、、、

いよいよ終わりが見えてきましたよ!

現場レポート! 「シラス塗り壁」工事始まりました!

こんばんわ。星名貴子です。

今日から壁の仕上げ工事 「シラス塗り壁」工事が始まりました。

九州のシラス台地で取れる火山灰とせっこうを混ぜてつくられている材料で、

部屋の湿度やペット・生活の匂いを吸着してくれる働きがあります。

コンクリートの箱のような空気の流れの少ない部屋にはとってもオススメの素材です!

天井塗りは大変です。

今日の現場はとても寒かったんですけど、汗だくになって職人さんたちが塗ってくれました!

『私たちの家』リノベーション工事 その8 『家具工事』

こんばんは。

星名貴子です。

年が明けてから、気づくとあっという間に10日が過ぎました。

その間、私たちの家では、家具の製作・設置がスタートしています。

今回は全てが大工さんの手造り、造り付けの家具です。

いわゆる空間に合わせて製作していくオーダー家具になります。

靴箱やキッチンの骨格がなんとなくできてきましたね。

骨格部分は費用のことも考えて、あまり高い材料は使わず、

この上に仕上げの材料を張っていくことで、徐々に完成形に近づいていきます。

DIY vol.2 『床のオイル塗装』

新年明けましておめでとうございます。

星名貴子です。

昨年も良いご縁をいただき、今年もさらにたくさんの方とお会いできる一年にしたいと思っております。

さてさて、ハンズの年末からお正月のスケジュールは、

自主施工第2弾!ということで、

『床のオイル塗装』を行いました。

無垢材もいろんな塗装方法があるのですが、

木は常に呼吸をしているので、その呼吸を止める表面に塗膜をつくるような塗装は良くないとされています。

周りの湿度を吸ったり吐いたりしながら、貼られた環境になじむまでに1年ほどかかります。

落ち着く前に表面をコーティングをしてしまうと、木が変な風に沿ったり暴れたりします。

意外とデリケートなヤツなんです。

私たちは、無垢材に浸透して木を保護してくれるタイプの塗料を、今回は塗りました。

自然塗料なので、化学的な塗料の匂いとは違ってやさしい自然な香りがするんです。