マンションのリフォーム・リノベーション、新築戸建はハンズデザイン一級建築士事務所|千葉県 船橋市 東京

私たちの家の収納

冬支度、はじめました

こんにちは。
今日は気持ちのいい秋晴れで、窓辺で日光浴をしながら書いています。
昼間はポカポカ暖かいですが、朝晩はとても寒くなってきましたね。

そろそろ冬支度をはじめようかなと思いはじめました。
IMG_5150
まず冬の暖房器具を出して、玄関のラグマット(はぐみ絨毯)を冬仕様に変えました。
それと、お布団を羽毛布団に変えようかなー

今日はお布団収納のお話を少ししてみようと思います。

私たちは仕事柄いろんなお家へご訪問させていただきますが、
最近はベッドでの暮らしがほぼ定着してきたなという感じがします。
ですが、暮らしが変わっても家はすぐに変えられないので、
奥行き90㎝くらいあるお布団収納がある家がまだ多いのではないかと思います。

掛け布団を収納するだけなら、この奥行きは必要ないので、
家が暮らしの変化に追いついていない現象が起こっています。

奥行きがありすぎる収納は、みなさんも経験があると思いますがとても使いづらいです。
とりあえず取っておこうかなと思うものが奥にたまっていき、非効率な収納となってしまうので、
住まいをリノベーションするときはできるだけこのような収納はつくりたくないと思っています。

私たちの家でも収納は全て奥行き60cm以下で計画し、掛け布団収納もその中でおさめています。

WATA~D8C

赤い枠のところにお布団収納があります。
寝室の横にある収納で、家電やスーツケースなどと一緒にお布団も収納しています。

IMG_5152

収納の中身です。

IMG_5153

真ん中あたりにある2つの四角いグレーの袋に、シングルの掛け布団と毛布がそれぞれ入っています。

IMG_5105

縦に2つに折り、残りを4つ折りにして専用の収納袋で収納しています。

IMG_5106

ベルトがついているので、膨らみを抑えながら収納できます。

この収納袋は通気性のある素材でできていて、
お布団をふっくらと収納することができるので気に入っています。
サイズも幅70㎝奥行き50cmとコンパクト。
洋服収納の枕棚なんかにも軽いので収納できると思います。

お布団の収納は場所を取るイメージがありますが、こうするととてもコンパクトで場所を取らずに収納できます。

ここで紹介したものはalphaxの『竹炭収納ケース羽毛布団専用』ですが、
ネット検索するといろいろあるので参考までに!

それと、前から興味があったのですが、今年近所でリニューアルされたコインランドリーで、
羽毛布団を洗ってみることにしました。
我が家の羽毛布団は高級品ではないので、ダメになってもいいか、
くらいの感覚でチャレンジしたのですが、最近のコインランドリーってすごいですね。
洗濯から乾燥まで55分でシングルの羽毛布団が洗えてしまうんです!
洗剤などを持っていく必要もありません。
出来上がったら自動で電話がかかってくるシステムにもなっているので、
その場で待っている必要もないんです。
すごい便利だなと思いました。

クリーニングに出すとそこそこいいお値段してしまいますが、1200円くらいで一枚洗えたので、
これからは毎年利用したいなと思います。

お布団もフカフカになって、我が家の冬支度は万全です!