マンションのリフォーム・リノベーション、新築戸建はハンズデザイン一級建築士事務所|千葉県 船橋市 東京

Nwes&オープンハウス

明けましておめでとうございます!

年賀2017

おはようモーニング。

明けましておめでとうございます!

2017年。平成29年。どんな年にしようかな〜。

本年も引き続き、お付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。

そしてこれから出会う方々とも素敵なご縁がありますように。

本年もよろしくお願い申し上げます!

マンションリノベーション見学会@船橋市東中山

こんにちは。今日から師走に入りましたね。
今年もカウントダウンに入りなんだか気持ちがソワソワしてきます。

さて2016年、最後の見学会のご案内になりました。
お施主様のご厚意により開催致します。

openhouse
京成線 東中山駅 徒歩7分、JR総武線 東中山駅 徒歩14分。
12月17日(土)、18日(日)の10時~17時です。

事前予約が必要です。
お気軽に、そしてお早めに、お問い合わせページからご予約ください。

Oさんから初めてご連絡いただいたのは、2015年の12月。
新築で購入されたマンションも築30年経ち、お子さんも独立され、
これからご夫婦2人が快適に過ごせる空間にリノベーションしたいとのご依頼でした。
北側の共有廊下に面した2つの個室とリビングに併設した和室、南側バルコニーに面する個室の
89平米4LDKの間取りで、区切られた個室スペースをうまく使えていないこと、玄関が暗く狭いこと、
収納が点在していて使いにくことなど今の間取りがご自身の生活スタイルと合わないことなどを伺いました。
exisiting Plan(kengakukai)

共有廊下に面する部分は、窓越しに他人の気配を感じるちょっと落ち着かない場所です。
ここをどのような場所にするかが、一つの課題でした。

これがリノベーションの間取り図です。
plan

一番眺めのいいところにあったキッチンの位置や使い慣れた水まわりの動線はあまり変えず、
壁を最小限にとどめ、広々としたワンルームの中にそれぞれ想い想いのことができる場所が点在しています。
引戸を開放すれば、気持ち良く風が南北に通り抜けます。

共有廊下との間には、あえて動線をもうけて緩衝スペースをつくり寝室との距離をとりました。

壁がなくなると、南側と北側にある開口部の光も思っていた以上に室内まで入っくることをいつも現場に行くと感じます。

material
Oさんが選んだ素材は、葉っぱのような白いタイル、少しラフな風合いで木目のしっかりとしたシベリアンウォールナットの床材などシンプルな色合いですが、ひとつひとつの素材感に個性のあるものを選びました。

造作キッチンや食器棚などの家具と建具の素材は、『くるみ』を使用します。英訳はウォールナットです。
ウォールナットというと、濃い茶色の素材を思い浮かべる方も多いと思いますが、
日本とシベリアのウォールナットは、少し色が薄く美しい木目が個人的にはとても好きな材料です。

今日家具工事の設置が行われ、完成が徐々に見えてきました。

ちょっと細かい話になりますが、Oさんの家では木製の入巾木(いりはばき)を多く使用しています。
入巾木
巾木というのは床と壁の隙間を埋める材料で、現場的になくすことは難しい部分です。
生活をしていても、掃除機が直接壁に当たることを防いでくれるので、汚れ防止にもなります。
一般的には後からつけることが多く、壁より出っ張って付いている巾木ですが、
入巾木は出っ張らないので上にホコリがたまる心配もいりません。

この巾木、なかなかいいと思いますよ!
こういった細かいディテールのあつまりが、空間の雰囲気をつくっていくことにも着目していただけると、
とてもうれしいです。

見学会でお待ちしておりまーす♪♪

マンションリノベーション完成見学会 @船橋

こんにちは。最近はようやく晴れて、気持ちの良い秋の気配を感じますね。

5ヶ月ぶりに完成見学会の開催をお伝えできることになりました!

便利な船橋駅すぐのマンションです。今までちょっと腰が重かったみなさま!いかがですか?

SHOUSE1a-1

船橋駅から徒歩5分。

マンションリノベーション完成見学会をお施主様のご厚意により開催致します。

10月22日(土)、23日(日)の10時~17時です。

事前予約が必要です。お気軽に、そしてお早めに、お問い合わせページからご予約ください。

 

施主のSさんと最初にお会いしたのは今年の2月のことです。

中古マンションの購入が決まり、契約直前という段階で、

とりあえず軽くリフォームしてそのまま住むか、思い切ったリノベーションをするか、

思案されている時にご連絡をいただきました。

下の図がリノベーション前の間取り図です。

スキャン 5

角の住戸なのでバルコニーが2面にあり窓も多く好条件ですね。

長い廊下に小さい部屋が並んでいるような間取りで、住まいとしての一体感がないなと感じましたし、全く違う可能性がありそうだったので、ご提案させていただくことにしました。

そしてこれがリノベーション後の間取りです。築17年68㎡、育ち盛りの女の子と男の子がいる4人家族の住まいです。

SHOUSE1a-2

もとの間取りでは、こま切れでそれぞれのスペースに閉塞感がありましたが、暮らしの中の動き方(動線と言います)と、それぞれの場所の開き方を変えて、伸びやかに住まい全体が連続するようにしています。どこにいても住まい全体を感じることができます。

また、Sさんの住まいでは、子供たちが巣立って行った後の夫婦の二人暮らしのイメージも大事にしています。住まいはそう簡単に変えていけるものではないので、長い期間に変わっていくライフステージの展望を持ってリノベーションをすることができると良いですね。

SHOUSE2a

今回も素敵な素材たちがたくさん選ばれました。天井のタモのルーバー、チークの床、チョークボードのグレー、ホタテ塗装の白、オーダーメイドキッチンの名栗加工の木、モザイクタイルなどが、くっきりとしたコントラストで、目に気持ちがいい風景になると思います。

お施主様のご厚意により開催させていただきますので、事前予約制とさせていただいております。

見学可能な時間、住所などは下の連絡先の電話、メールどちらからでもお問い合わせいただき、お申し込みください。

みなさまのご参加をお待ちしております!

休日はリノベーション相談会

 ・

こんにちは。ハンズデザインの星名岳志です。

リノベーション相談会といっても、「リノベーション」にこだわらず、住まいと暮らしのことをざっくばらんに話せる場所と時間のことです。
お金のこと、タイミングのこと、地域のこと、情報交換していきましょう。
新築戸建て住宅のご相談ももちろん大丈夫です。
場所は私たちの暮らしている住まいですので、イメージしやすいと思います。

気取らない会話の中から次の一歩が見えてくると思いますよ!

美味しいお茶やコーヒーを淹れてお待ちしています。

…………………………………………………………………………………………………..

開催:土曜日・日曜日・祝日(相談無料・予約制)

※ご都合が合わない方は、平日でも対応させて頂きます。お気軽にご相談下さい。

場所:ハンズデザイン(私たちの家)

時間:10:00~17:00

※ご都合に合わせて調整させていただきます。

まずはお電話、もしくはお問い合せページからお気軽にご連絡ください。

 

 

マンションリノベ完成見学会のお知らせ「根津のIさんの家」

東京下町。とうとうIさんの家をご紹介できる日がやってきました。

東京メトロ千代田線根津駅から徒歩5分。
マンションリノベーション完成見学会をお施主様のご厚意により開催します。
5月21日(土)、22日(日)の10時〜17時です。

最初にご相談をいただいたのが2年前。人一倍リノベーションの住まいづくりを楽しまれたご夫婦と言って良いのではないかと思います。

僕の個人的な意見として強く言わせていただくと、今回のIさんの家だけは見逃さないほうが良いのではないかと思います。

なぜか。

今日はその理由をご説明したいと思います。

ハンズデザインではあまりやってこなかったのですが、今回は特別にビフォーアフターの間取り図を比較してみます。

まず、Beforeの間取り図をご覧ください。築15年、65㎡、2LDKの間取りです。ご夫婦と猫1匹で谷根千暮らしを満喫されていました。一番やりたいことは奥にある窓のない暗いお風呂を明るく風通しの良い場所にすること。「思い切った提案をしてください!」とご相談を頂きました。

そして2年後に完成した間取り図がこれです。

玄関の正面に透明な浴室があり、トイレは土間にあります。ドアはトイレと浴室にしかありません。はじめて見ると、あまりにも思い切った間取りなのでイメージができないし、こんなのありえないと感じてしまうかもしれません。お施主さんのIさんも「私たちの家」を見学して、玄関がオープンで、壁やドアが少なくてどこまでも繋がっていて、ガラスを使った透明感のある住まいを経験したからこそ、「これはいい住まいになるはず!」と確信を持っていただけたのではないかと思います。

住まいを考えるときに、空間や暮らしの経験というのは本当に貴重で重要だと思います。だから今回の見学会には多くの方に参加して欲しいと心から考えています。

さて、現場は今、仕上げ工事の真っ最中です。ここまでのメイキングを少しだけお見せします!

解体工事完了後、玄関ドアの前で立ちすくむ僕です。視線の先には…

スカイツリーが金色に輝いていたのでした。正直なところ設計中はそれほど気にしていませんでした。元の間取りでは、この眺望が狭い洋室だけのものだったんですよね。

その窓辺にハーフバスを設置します。しつこいですが玄関の正面です。本当にいい眺めです。

だいぶカタチになってきました。腰壁から上は透明ガラスが入ります。

浴室の天井と縁側スペースはレッドシダーで仕上げます。よし、なかなかいいぞ。浴室の壁は半磁器タイルです。

今回も造作家具や左官仕上げなど味わいのある素材や仕上げ、加工がたくさんあります。ハンズデザインではおなじみの大谷石や無垢材の名栗加工なども揃い踏みです。

お施主さんが特別に発注したステンドグラスの行方も気になりますね!石畳のような玄関の土間スペースも楽しみです。

季節もいいですので上野公園や谷根千散歩を楽しみつつ、お気軽にお越しください。

混雑を防止し皆さんとお話しできるように予約制にさせていただいています。

5月21日(土)、22日(日)の10時〜17時です。

ご参加のご予約はこちらからどうぞ

みなさんのご参加をお待ちしてます!