マンションのリフォーム・リノベーション、新築戸建はハンズデザイン一級建築士事務所|千葉県 船橋市 東京

hands blog

Wさんの家ブログ見学会

こんにちは。梅雨入り間近、いかがお過ごしでしょうか。
少し前に見学会をさせていただいたWさんの家、恒例のブログ見学会です。

TKS_5634

築16年のマンションを購入してのリノベーションです。
もともとは部屋が細かく仕切られたいわゆるマンションらしい70平米・3LDKの間取りでした。

Kizon

新しいプランは風と光を感じられ、回遊性のある動線を大切に考えました。

WatabePlan

Wさんの家は、入った瞬間にパッと気持ちが明るくなる玄関です。
ヘリンボーンのデザインパネルや、光を取り込むためのアンティークガラスを使ったガラスのパーティション。
そしてその先にうっすらと見える、リビングの楽しげな風景。

18TKS_5852

ゆらぎのあるアンティークガラスは、光を通す透明感を残しながら、
その先に見えるものの存在感が程よくボカしてくれます。

TKS_5617-2

パーティションの先は寝室があり、その窓からの光を取り込むことで、光を感じられる玄関になりました。

TKS_5780-1

ストロングウォーターという模様です。水面が波打ったような雰囲気がありますね。

TKS_5709

玄関正面の扉は、トイレへの入り口です。

TKS_5725-1
全体的に落ち着いた雰囲気の中に、平田タイルさんのPUZZLEというタイルがアクセントになっています。
壁出しの水栓は先端の突起を右にひねると、水が出るシンプルなデザインのものを選びました。

TKS_5838-1

リビングはWさんのこだわりがたくさん詰まっています。
5TKS_5199

どうしても実現させたかったルイス・ポールセンの照明『アーティチョーク』。
カッパー色(銅色)は住宅で使われている事例が少なく、
大きさと色が空間に合うか最後までドキドキしました。
でも、この照明を入れたおかげで、空間が一気に華やぎました。
テレビ台はタモ材で家具屋さんにつくってもらった、オリジナルの家具です。

5TKS_5640

少し赤みのあるアメリカンブラックチェリーの床材とさわやかなタモの雰囲気がとてもいいです。
キッチン天井のルーバーもタモ材。アクセントの壁は、カラーワークスのソフトスウェード塗装。
北欧のビンテージ家具は吉祥寺の『velvet(ベルベット)』というお店でWさんが購入したものです。
キッチンのデザインは全体のバランスを考えて、大谷石をメインにしました。
7TKS_5787

スツールを置いてアイランドキッチンを囲む時の足台は、タモの無垢フローリングに名栗加工を組み合わせたものです。

TKS_5812-1

IHはパナソニックの新しいモデルです。海外製のIHはかっこいいものが多いのですが、魚焼きグリルが欲しいという方には不評でした。魚焼きグリルがあり、トップがブラックでかっこいい機種はとても希少です。
レンジフードはセミオーダーのオールステンレスタイプ。シンプルな箱型デザインなので空間の邪魔になりません。

キッチンでこだわったのはとにかく使いやすさと便利さ。
共働きの家庭は家事を最小限に、でも食を楽しむ暮らしの豊かさを失わないキッチンがいいと思います。
そのためにはお皿洗いを減らす海外製の大型食洗機を入れることや、掃除の負担を軽減する工夫が必要です。

その一つとしてWさんが選んだ、自動水栓とソープディスペンサーはアメリカのデルタ社製の商品で静電気に反応して作動します。
人感センサーの商品はよくありますが、器具のどこに触れても(一部ダメなところがありますが)水と洗剤が出てくることが特徴です。
手が汚れていたら、ヒジでタッチしても大丈夫です。
濡れた手でハンドルを触る必要がないので、水栓周りが綺麗に保ちやすいと思います。

9TKS_5223
9TKS_5580

シンク前の小窓は既存の窓に、内側から木製引違い窓をつけました。
冷たいアルミ窓の雰囲気がなくなり周りと調和がとれ、手元が明るいのが嬉しいですね。

TKS_5582-1

化学を専攻していたご主人こだわりのヘキサゴンタイルもいいですね。

TKS_5586

キッチンから寝室側を見た風景。
扉で仕切る必要がないときは、目線が部屋の先まで通ることでより奥行きを感じることができます。
TKS_5205-1

通路の途中にある洗面所です。

TKS_5670-1

もともとお風呂の窓(片開き+はめ殺し)として使っていたものですが、通風窓は他にもあるということで明るさを取込むための窓として残しました。壁付け水栓と鏡をつけるために窓の一部を利用しています。壁出しの水栓は日本メーカーのカクダイ製品。壁のタイルは平田タイル。洗面器はTFORMのCATARANOシリーズです。

洗面の背面には下着やタオルが置ける収納を確保することができました。
可動棚の正面に無垢の木のアクセントがあるのは、見た目以外にも役割があります。
通常は白いテープなどで板の切断面を処理をするのですが、テープは年数が経つと剥がれてきます。
切断面を木で処理することで、棚板を永く使うことができるんです。
12TKS_5861

寝室はベットがないとイメージがつきにくいですが、ペンダントライトの中央にベッドを置く予定で、それぞれスイッチが別々にあり寝る前の手元灯になります。ペンダントライトは、北欧建築家アルヴァ・アアルトの『ゴールデンベル』。

13TKS_5671

玄関との緩やかな境界。

14TKS_5674

寝室からキッチンを眺めます。

TKS_5213-1 16TKS_5217-1

Wさんの家は、北欧の家具や照明が映えるように、建築側はあまり主張しすぎず、シンプルになることを意識しています。
余白には絵を飾ったり、植物を吊るしたり、暮らし方やしつらえ方の中でたくさん楽しんでもらえると嬉しいです。

先日入居後4ヶ月のお住まいにご訪問しました。
ご夫婦ともに家のことインテリアのことがとてもお好きで、
いろいろ調べて集めた家具や小物はどれもセンスが良く、さらに素敵な空間に進化していました。

16TKS_5554

入居後の写真もHPでご紹介する予定なので楽しみにしていて下さい!

Nさんの家 BLOG見学会

こんにちは。今回は、先日、見学会を開催させていただいたNさんの家のマンションリノベーションをご紹介します。

ランプ

Nさんご夫婦は、熟慮の上で決断したことをどんどん実行していく、そんな印象のお二人です。器とお料理が好きなお二人はどこか遊び心があって前向きに生活を楽しんでいる雰囲気があります。ご相談の中でも私たちが思いもよらないような発想でお話しいただいたことが度々あってとても楽しかったです。

まず、元の間取りです。
築40年、68㎡、3LDKのマンションです。階段室型で南北にバルコニーがあり掃き出しの大きな窓があります。
部屋が細かく分かれていて廊下を介さないと別のスペースに行けず廊下だけ高くなっているため段差があり、生活動線の中に難ありでした。風通しも悪く、断熱もされていなかったので玄関と廊下はとても寒かっただろうと思います。

BEFORE

次に新しい間取りです。
玄関をリビング、ダイニング、キッチンなどのオープンなスペースと一体にして空間のボリュームを拡張しています。南側から北側までを視線、風通し、動線をストレートに通し、住まい全体の連続性を作っています。

New plan玄関を入ると明るく開放的で広々としたスペースが広がります。

玄関から
リビング・ダイニングの天井はアニグレ(シルバーハート)の突き板ベニヤです。
キッチンとダイニングの左官で仕上げた大きな壁を水平に繋げる棚をデザインしました。
左官材はシリカライムです。色とムラ感が良く最近よくご提案しています。
スチールの棚受は今回のためにデザインしました。

棚2 棚4

ガラスセードを名栗加工をした板の上に置いただけのランプ。実は元々の玄関の照明器具のセードだったもので、レトロな雰囲気がありNさんから記念に何かできませんかとのご依頼で作ってみたものです。

左官2-1

キッチンはアイランドの2列型です。定番の名栗加工+大谷石の組み合わせ。
ガラスの食器棚も製作しました。揺れるガラス面がいい雰囲気です。
こう見えてASKOの食洗機、バイオ生ごみ処理機も組み込んだ性能もハイスペックなキッチンです。

キッチン-1 キッチン2

濃いブルーグレーの壁の向こうにトイレと脱衣室があり上部はガラスになっていて天井がつながっています。
玄関ドア横の壁が切り取られたような場所はニッチの小物置き場。

全体-2

北側への通り抜け。こんな風に明るい風景が奥になると透明感があって気持ちがいいです。
抜けた先は書斎で、キッチンから見たときの距離感が面白いなと思っています。
水まわりの配管のためここだけ段差が残りました。

北側への通り

がらっと雰囲気が変わってここがトイレと脱衣室を兼ねたスペースです。
洗濯機と洗面は別の場所にあります。
このタイルパターンの検討は苦戦しましたが、やった甲斐がありました。
キッチンを含め水まわりの床は全てフロアタイル+目地棒です。

トイレ4

洗面スペースは開放的で気持ちがいい動線の中にあります。
この通り抜けスペースを移動するのはとても気分が良くて視界が広がっていく楽しさがあります。
洗面台の隣のプリーツスクリーンの裏側に洗濯機置場が隠れています。

洗面からの通り-1

南側に戻ると明るい視界が開きます。

南面全体

テレビを置く予定の壁はまわりの壁に馴染む色を選んだシリカライムの左官仕上げです。少しテクスチャーをつけて間接照明による陰影でアクセントにしています。まわりの白い壁はホタテ塗装です。

南側全体2 左官

床はシベリアンウォールナットの無垢フローリングです。土間は上海ブルーという青みがかった黒いレンガをヘリンボーンで施工しました。

床の素材 土間2

5本の包丁を使うNさんのために包丁スタンドを作ってみたら、とても良くできたので私たちの分も作ろうと思ってます。
もし探している方がいらしゃったらご相談くださいね。

包丁スタンド

すごく美味しい料理が出てきそうな雰囲気なので、いつかお呼ばれしたいなぁなんて。

Nさんの家

 

Dさんの家 BLOG見学会

こんにちは。今回は今年の夏に完成したDさんの家のマンションリノベーションをご紹介したいと思います。

Dさんの家

Dさんは海に山にと活動的なスポーツマンの男性です。ホームページで私たちを発見してお問い合わせくださいました。
ご相談の時に持参してくださったのが、Dさんが滞在したとある有名なホテルのお部屋の写真でした。
その写真を参考に動線や収納、使い勝手のご要望をお話しくださったことを印象的に覚えています。

まず、元の間取りです。
築27年、3LDK、62㎡のマンションです。角部屋で窓がたくさんあります。ダイニングキッチンが小さい部屋に囲まれているような感じですが、それぞれのスペースに連続性がなく窮屈な印象です。

BEFORE

次に、新しい間取りです。
玄関とトイレと浴室以外にはドアも壁もないワンルームで、パイプスペース(PS)と一体にした大くてオープンな収納棚を中心にぐるっと一回りすると様々なスペースが連続しています。

New Plan

玄関ドアを開けて入るとガラス引戸を通して南側の明るいバルコニーまで気持ちよく視線が広がります。

玄関から

アイランド型のコンパクトキッチンとダイニングスペースは、旅の支度をする作業スペースも兼ねています。
今回はサンワカンパニーのステンレス製のキッチンを使っています。ダイニングテーブルはオープン棚に合わせてデザインしました。

ダイニングキッチン-1 ダイニングキッチン-2 ダイニングキッチン-3

約26畳のワンルームの広がりです。できるだけ視線を遮らないようにしつつ、スペースの性質ごとにまとまりができるように考えています。

全体

ソファに合わせて机をデザインしてリビングの中央に置きました。引き出しのハンドルも特注しています。タスクライトはヤマギワ製。

ソファとデスク ソファとデスク-2 ソファとデスク-3

オープン棚は可動で高さや段数をアレンジできるようにし、できるだけシンプルにデザインして透明感を出しています。

オープン棚 オープン棚-2

ワンルームでもベッドスペースは少し囲まれた雰囲気になっています。

ベッドースペース

浴室は広くなり窓もできました。明るい窓のあるサニタリーはとても快適です。奥行きの深いミラーボックスは埋め込むとスッキリします。

サニタリー

落ち着いた雰囲気のトイレ。間接照明のある場所には実は梁があって、とても目立ったので現場で写真のように変更させていただきました。

トイレ

玄関の壁にはコートや外から持ち込んだものを掛ける場所と傘と小物置き場があります。汚れが目立たないようにレッドシダーの羽目板で仕上げています。奥に見えるのはソフトスエードというアクセントペイントで仕上げた壁です。

玄関 玄関-2

床はアメリカンウラックチェリーの無垢フローリング、壁はホタテ塗装。リビング全体にヒートポンプ式の床暖房も入っています。

床と壁

間接照明の壁をシリカライムという左官仕上げ材でさりげなくパターンをつけてアクセントにしています。

シリカライムの壁

ゆっくりと疲れをとって「さあ次の旅はどこへ行こう」そんな想像が湧く場所になったらいいなと思っています。

次の旅へ

Wさんの家 BLOG見学会

こんにちは。今回は今年の秋に完成したWさんの家のマンションリノベーションを紹介します。

壁掛自転車

Wさんは自転車をカスタマイズしたり、メンテナンスすることが趣味で、当初より広い土間をご希望されていました。また、お仕事でも住まいやリノベーションに関わっていて、様々な事例を参考にイメージをお伝えいただきました。今年二人目の料理をしない男性からのご相談です。

まず、元の間取りです。
築30年、2LDK、60㎡のマンションです。角部屋で窓がたくさんありますが、玄関、廊下、浴室、トイレが暗くて環境が悪いことが間取り図からわかります。また、キッチンとダイニング、廊下と洋室、廊下とトイレのそれぞれの間に20cmぐらいの段差がありました。

kizon

次に新しい間取りです。
元の間取りと比較すると元の間取りが跡形もなくなっていると思います。浴室を窓際に移動させ、キッチンとトイレに裏動線を作り、水周りの動線をうまくまとめることで、広い土間とリビングダイニングベッドルームが伸びやかにつながったワンルームにすることができました。

BEFORE

玄関ドアを開けて中に入ると木製のルーバーが縦に並んでいます。これはWさんのアイディアで、さりげなく視線を遮っています。そこから土間が斜めに広がっていきます。どこかに斜めのラインを入れることもWさんのアイディアでした。

玄関から

土間からリビングを見ると掃き出し窓が並び外光がとても明るいワンルームです。低く抑えた壁によって天井空間に視線が抜けていきゆとりを感じます。

伸びやかなワンルーム

壁側に水まわりが並んでいます。配管のため床に段差がありますが、シンプルにまとめてアクセントにしています。手前のグレーの箱の中にトイレ、キッチンの奥の木目の箱の中に洗面室とバスルームがあります。

TKS_3309

木目の箱は引き戸で開けるとこんな感じです。透明感のあるバスルームからの光が気持ちいいです。

水まわり

裏動線には納戸とトイレの入り口があり、キッチンまでつながっています。

裏道

トイレの上部はガラスになっていて、梁が貫通していたり、ルーバー天井が見えたりして面白い風景です。

トイレ

納戸はプリーツスクリーンで閉じていてその奥の照明をつけると光壁の間接照明になります。

納戸

キッチンは今回もサンワカンパニーのコンパクトキッチンです。グレーやステンレスと木のコントラストが爽やかな印象です。

キッチン

引き戸を開けるとキッチンと洗面室が伸びやかにつながります。ユニットバスはドアと腰壁上をガラスにして、バスルームからも採光を入れています。

開ける

キッチンから見晴らしよく全体を見渡すことができます。テレビが壁掛けされている壁の向こう側がベッドルーム。

低い壁

壁を支えている鴨居。なんとも言えない浮遊感があります。

天井はコンクリート

寝室の収納。何度も収納量チェックをしました。

ベッドルーム

広々とした土間はこの後机や収納家具が置かれてリビングの一部として使います。玄関土間というより、リビングの一部の床の仕上げが違うというイメージです。

自転車を愛する人

木製ルーバーはツガです。奥にライティングレールが設置してあり、照明の位置や台数をアレンジできます。土間には斜めに突き出た大きな出窓があり、日差しが入るとちょうど腰掛けられる縁側のような雰囲気でアクセントになっています。

天井ルーバ

土間は大きな600角のタイルで平滑で掃除がしやすいものを選んでいます。

土間タイル

壁はホタテ塗装。床はオークの無垢フローリング。幅広の一枚ものなのでスッキリした印象。巾木は適材適所で付けたり無くしたり。

床と壁 床と壁

水まわりはフロアタイル。目地棒を入れると奥行きがでます。段差部分はキッチンに合わせてステンレスでスッキリ見切りました。

フロアタイル

引越しの後、ゆっくり考えながら片付けるので少し時間をくださいとおっしゃってくれたWさん。来年はカメラマンさんに撮影してもらえるのを楽しみにしています。と、少しプレッシャーをかけてみたり。

 

 

 

もうすぐオープンハウス!吉祥寺の現場から

こんにちは。
いよいよ今年のカウントダウン始まりましたね!

工事中の吉祥寺の現場も完成まであと残りわずかとなり、きのう工事中の養生も取れ、
全体の雰囲気が見えてきました。

Nさんの家

大谷石と名栗加工のオーダーメイドキッチン
上海ブルーのレンガをヘリンボーンに張った広い玄関土間
間接照明に照らされて陰影が美しいシリカライムの左官壁
シルバーハートの突板を使った木の天井張り
ムラ感のある六角形のキッチンタイル
グラフィカルで遊び心のあるパズルのようなタイルを使った、思わずハッとするトイレ空間

などなど

たくさんの素材を使い、見どころがギュッと詰まったとても内容の濃い現場です。
これから5メートル幅の飾り棚をつける大仕事が残っています。

ぜひ見学会で完成した『Nさんの家』を見に来てください!

詳細はこちら
http://www.hands-a-design.jp/event/

お待ちしております。