マンションのリフォーム・リノベーション、新築戸建はハンズデザイン一級建築士事務所|千葉県 船橋市 東京

hands blog

読書の時間 -「あるミニマリストの物語」

こんにちは。

住まいづくりを考えている皆さんに、以前からご紹介したいと思っていた本があります。

あるミニマリストの物語

あるミニマリストの物語―僕が余分なものを捨て人生を取り戻すまで

フィルムアート社
2016/4/11
Joshua Fields Millburn (著), Ryan Nicodemus (著), 吉田俊太郎 (翻訳)

人に出会えば出会うほど、世の中には本当に色々な人がいるものだなと感じます。私たちが仕事柄、たくさんの方の住まいづくりが始まる前の家を訪問して、生活のシーンを見せてもらうことが多いから余計でしょうか。当然2つとして同じ風景はなく、それどころか、どの暮らし方もある意味、ユニークさとオリジナリティに溢れています。考えてみれば当たり前のことで、暮らしの風景も人も、それぞれ世界にたった一つの固有の時間を蓄積して現在があるからです。

あるがままに受け入れて考えれば、誰しも「全く意図せずに」様々な物や人の影響を自然と受けて現在があります。生まれた場所、親、時代、育った環境や住まい、子供から大人への教育と成長の過程、まわりの大人や友人、どれをとっても自分で自由に選ぶことができたわけではなく、言ってみれば、たまたま手の届く範囲で同じ時に居合わせた状況の中で、生きていると言えると思います。

そんなことに思いを巡らせていると住まいづくりとはある意味、センセーショナルで希少な瞬間なのだということに気がつきます。ほぼ白紙の状態から、自分のために「とても意図的に」生活環境を作り出すという出来事は、ほとんどの方の場合、初めての体験になると思います。まさに人生の大転換点なのです。同時に自分自身について深く見つめなおす絶好の機会でもあります。「僕は、なりたい自分を知っているだろうか、身を置きたい日常を理解しているだろうか?」その過程で大変身することだってできるはずです。

大げさでしょうか?

僕はそうは思いません。住まいを持とうと思うぐらいの人生経験を積んだ頃には、まわりを囲んでいる意図しないモノからの影響があまりにも大きくて、自分のシンプルな姿が見えにくくなっています。過去の蓄積だけではなく、現時点でも様々なコマーシャルや伝聞により、他人の先入観や価値観の押し付けが容赦なく降り注ぎます。

それまでの人生で積み上げられてきた経験や所有物のことを白紙に戻し、まわりの雑音に耳を塞いで、暮らし方、あるいは人生を、自分自身と向き合いゼロから検討をする、それだけの価値が住まいづくりのタイミングにはあります。人生の中でまたと無い貴重な機会であることは間違いありません。

そんな時に、「ミニマリズム」「ミニマリスト」という価値観や生き方に触れることはとても良い経験になるのではないかと考えています。僕としては、ミニマリストであると宣言するつもりはなく、礼賛するのでもなく、もちろんみなさんに強く推奨するつもりもありません。でも、この本の物語の中には、私たちが住まいづくりの過程で経験するもの同じ匂いのする「気づき」が多く感じられます。新しい住まいや環境、生活の変化に向かう時に、前向きな勇気と希望を与えてくれるように思います。人生がどれほど自由なのかということに気づかせてくれます。

ミニマリズムについて知っている人は、断捨離や収納に関係する本だと思われるかもしれませんが、この本はそれだと期待を裏切ってしまうかもしれません。著者が体験した本当にあった物語で、住まいづくりと直接的な関連性はあまりありません。この本の帯には次のように書いてあります。

『これは「片付け」や「収納術」の話ではない。そう、これは「人生」の話であり。「あなた」の物語である。』

僕は昔から、苦境にある人が様々な経験を通して成長していく物語が好きで、この本もそんな小説のようで面白かったです。教養書、実用書ではないので、情緒的で少しくどくて忍耐が必要なところがあります。

あ、ちなみに、、、実際に家づくりの後に人生が変わる人も少なくないですよ。

お時間があれば是非、手にとってみてください。

CASICAに行ってきました。

こんにちは。
暖かくなると外に出る機会も増えますね。

先日、私たちは古い工場をリノベーションしてつくられた新木場にある『CASICA(かしか)』へ行ってきました。

IMG_8503

鉄の扉もそのまま再利用したのでしょうか。
いい雰囲気を醸し出していました。

IMG_8506

店内はCAFE・インテリアショップ・ギャラリーなどが複合されています。
IMG_8494

IMG_8493-2

IMG_8492
古道具、かご、タンスなど時代や国を超えて集められたものたち。
存在感がありました。

素敵なお宅を訪れると、どこで手に入れたんだろうと思うものに多く出会います。
このお店もそんなものたちが集まる場所だなと感じました。

ランチと目の保養に、訪れてみたください!

※お店の情報
https://casica.tokyo

KINTOのグラス

KINTO

以前鎌倉を散策していたとき、どこかのレストランで水を出してくれた時に気に入って覚えていたKINTOのグラスを、最近になって手に入れました。

直線的で、正確な形状、スタッキングできる合理性は工業的なデザインの特徴です。それでありながら口があたる淵の部分が優しく広がっていて、そのさりげない曲がり具合に思いやりを感じます。

合理的でドライな思考とさりげない人間味が魅力的なんだなぁ。作家さんの一点ものもいいけど、こういう感じも好きです。

素敵なフラワーショップ発見@船橋散歩

暖かさを感じる日が少しずつ増えてきました。
今年の冬は寒かったので、春が待ち遠しいです。

今日は久しぶりのご近所お散歩ネタです。
よく車で通りかかる道に気になる店構えのお花屋さんがあって、先日ようやく寄ることができました。

入ると素敵なセンスのお花で店内はあふれていて、とても幸せな気持ちにさせてくれるお店です。

flowershop

 

近くにこういうセンスのいいお店ができてとても嬉しいです!

お店の名前は『heureux fluet&plants』(ウルー)。フランス語でハッピーとか幸福という意味です。
女性の店主の方も、とても話しやすくて気さくな方なのでいろいろ相談できそうなところもいいですよ。

生花を家に飾ると気持ちも華やいで、幸せな気持ちになります。
これからの季節はたくさんお花も出てくるので、また伺うのが楽しみです。

最寄り駅はちょっと遠いいですがJRまたは京成『西船橋駅』。以前紹介した『アルカフェ』も近くにあります。
駐車場がしっかりあるので車か自転車で暖かい日にお出かけするのがいいかもしれません!

 

※お店の情報
『heureux fluet&plants』
千葉県船橋市印内3-23-18
TEL 047-401-7930

気がつけばみんな元気

こんにちは。
久しぶりの近況報告ブログです。

最近気がつくと、私たちの家のいろんな植物から若葉が生まれて、成長がとても楽しい毎日です。

初めてのお花が咲きます ピチピチの若葉

一度は死にかけていた『トネリコ』さんも、完全復活を果たしました。バンザーイ!!
若者たちがニョキニョキと

先日、神奈川県にあるSOLSO FARMへ行ってきました。
Solso Farm
地植えするような大きな植物から、室内で楽しむ観葉植物まで、
たくさんの種類の植物が実際に見て購入出来るとっても楽しいところです。
室内に大きな観葉植物などを置きたい方は、是非一度訪れてみてください!
なかなかの品揃えです。
私たちの家もバルコニー用にいくつか購入し、バルコニー改造計画を図っています。乞うご期待!

GWの話になりますが、岐阜に用事があったついでに、ちょっと足を伸ばし多治見市にある『ギャリルももぐさ』を訪れました。
陶芸家 安藤雅信さんのギャラリー兼ご自宅。
どんな場所かとっても興味があって前から行ってみたかったのですが、念願叶ってやっと行ってきました!
ギャリル百草広大な敷地の中で緑に包まれた中に、ギャラリーとご自宅の建物があります。

走るTご自宅は、建築家中村好文さんの設計で、中を見ることはできませんが、
美しい佇まいの外観がとても印象的でした。

IMG_6227

イベント開催中は併設のカフェで、安藤さんの器に盛られたランチが頂けるようです。
こちらは遠いいですが、機会があったら訪れてみてください。
http://www.momogusa.jp

イベントといば、千葉県佐倉市で6/3・4に恒例の『庭の輪』というアート&クラフトフェアが開かれます。
陶芸作家さん、ガラス作家さん、革の作家さんなどなど多数の作家さんが出店し、販売をしています。
ワークショップなんかもあるようなので、ご家族で行ってもた楽しめると思いますよ。
私たちも毎年楽しみにしているイベントです!
興味のある方は下記サイトをcheckしてみてくださいね。
http://niwanowa.info

近況はインスタグラムにも投稿しています!
よかったら見てみてください。
https://www.instagram.com/hands.a.design/

では、また。